消費者金融

お金を借りたいと思った時に、まず思い浮かべるのは消費者金融ではないでしょうか?しかし、消費者金融は誰でも簡単に利用出来るものではありません。職業や年収などによって、どの程度お金を借りられるかが決まってきます。

消費者金融ではいくら借りられるの?

消費者金融を利用する場合、自分は一体いくら借りられるのか気になるのではないでしょうか。消費者金融の借入限度額を知りたいのであれば、まずは総量規制を理解することが大切です。総量規制とは、貸金業者は年…

借入額によって利率が違います

消費者金融は貸金業法に基づき貸付を行う正規の貸金業者のため、全て利息制限法に定められた上限金利の範囲内で融資を行います。消費者金融が貸付を行う方法は、専用ローンカードを発行して繰り返し利用限度額の…

借入する際の審査には何があるの?

消費者金融で最初に行われる審査は、スコアリング審査と呼ばれる申込者が記入した内容に基づく属性を数値化したもので足切りを行います。雇用形態・年収・健康保険の種類・他社借入件数といった基本的な情報から…

借金返済

審査が通り、無事消費者金融からお金を借りられたとしても、返済をしていかなくてはいけませんよね?順調に借金の返済をしていったとしても、何が起こるかわからないのが人生です。もし借りたお金が返せなくなった時、どうしたらよいのか紹介します。

借金の返済に困ったら

債務整理を利用する

計画的に借入をすることが大切

後先考えずに借り入れを繰り返すといつか窮地に陥る

借金をするとき、後先のことが考えられなくなってしまうというケースは珍しくありません。たとえば、ずっと片思いをしている彼女をデートに誘ったらOKをもらったという場合、収入の見込みがなくて厳しい状態でも「やっぱりデートは取り消し」という人はまずおらず、大抵はキャッシングをしてでもお金を作るでしょう。 先のことを考えずに勢いで借りても返済日に親に泣きついたりして案外なんとかなってしまうものですが、そういったことを何回も繰り返していると不運が重なって返済費用を用意できず、窮地に陥ってしまう可能性が高くなります。したがって、お金を借りる場合、契約書に書かれた返済日にお金を用意できるか入念に確認することが大切です。

カードの締め日を把握すれば返済日を遅らせられる

返済日にちゃんと返せるようにちょっとした工夫をすることもできます。たとえば、クレジットカードのキャッシングには締め日と呼ばれるものが存在します。毎月15日が締め日という場合、15日までにキャッシングした分の返済日は翌月、16日以降にキャッシングした分の返済日は翌々月になります。締め日をちゃんと把握していれば、「今日は15日だから一日待って明日借りよう」といった風に借金をする日をコントロールして返済日をかなり遅らせることが可能になるのです。返済日があとになれば、当然、返すためのお金を用意しやすくなるのであわてなくて済みます。 また、いざというときに売却できる持ち物を見繕って、全部売ったらいくらになるか計算しておくといいでしょう。その金額を超えない範囲でお金を借りれば、持ち物を売ればなんとかなるからです。

借入(しゃくにゅう)(かりいれ)って何のこと?

借入」は一般的に、銀行などの金融機関からお金を借りることです。金品を借りることや、借りたものを指します。