債務整理を利用する

返済できない借金には債務整理を

お金は借りるときよりも返すときのほうが大変です。何度も借入・返済を繰り返すことで債務が膨らんでいくケースは多く、年間の借金返済額が年収の50%程度に達すると完済するのは極めて困難になります。借金返済においてポイントとなるのは完済できるかどうかで、完済する目処が立たないようなら債務整理を検討しましょう。借金は毎月利息だけ支払っても残高は減らないため、永久に完済することはできません。債務整理は弁護士や司法書士が対応しており、借金相談で具体的な解決策を話し合っていきます。確実に完済できることが鍵となりますから、債務整理によって減額できる債務、収支のバランス、返済能力などを考慮した上で最適な方法を選んでください。

早めに債務整理を行うべき必要性

債務整理のメリットはすぐに取立てを止められること、返済能力に見合った金額まで借金を圧縮できることです。債務整理をするタイミングは延滞する前が好ましく、これは延滞することで遅延損害金が加算されるためです。借金の取立ては非常に厳しいもので、1日延滞すると催促の連絡が入るケースが少なくありません。借金は3ヶ月延滞すると、延滞解消が極めて難しいと言われています。また債権者から一括請求や給料差押えなどの話も出てきますから、早めに弁護士や司法書士に相談してください。対処が遅れると会社に給料差押えの通知が届いてしまい、会社にバレていられなくなる可能性があります。債務整理は早めに行うほど周囲にバレずに借金を解決できるのです。