借入額によって利率が違います

消費者金融の利率は法律により上限が決められている

消費者金融は貸金業法に基づき貸付を行う正規の貸金業者のため、全て利息制限法に定められた上限金利の範囲内で融資を行います。消費者金融が貸付を行う方法は、専用ローンカードを発行して繰り返し利用限度額の範囲内で貸付と返済を何度でも行えるタイプと借りる都度審査と契約が必要な証書貸付の2種類です。どちらの方法であっても10万円未満の融資に対しては上限金利が年20%ですが、10万円以上100万円未満では年18%、100万円以上の貸付については年15%が上限となります。このため、専用ローンカードを発行するタイプでは借入残高が常に変動するので、実際の融資額ではなく利用限度額次第で利率設定を変えている状況です。同じ金額を借入しても、利息制限法で定められた上限金利が異なるので契約内容次第で利率が変わります。

利用限度額に応じて利率が改定される

専用ローンカードを発行するタイプのカードローンでは、利用限度額に応じて利率が改定されます。例えば、今まで利用限度額30万円に対して年18%の利率設定が行われていても利用限度額100万円になると年15%以下に変更しなければなりません。利息制限法に定められた上限金利を超えて融資を行うと、発覚時に金融庁から罰則規定を受けてしまうので貸金業者として業務を継続して行えなくなるリスクがあります。少なくとも正規に届け出ている消費者金融は、利用限度額がアップする際に利率を上限金利以下に収まるように調整しなければなりません。最初から柔軟な審査をウリにしている中小消費者金融は、融資限度額を50万円以下のみと設定して年率が18%以下という基準のみで営業している所もあります。