借入する際の審査には何があるの?

最初に行われるスコアリング審査とは

消費者金融で最初に行われる審査は、スコアリング審査と呼ばれる申込者が記入した内容に基づく属性を数値化したもので足切りを行います。雇用形態・年収・健康保険の種類・他社借入件数といった基本的な情報から、リスクを計算して独自に点数化したものを利用して一定数値以下の人を自動的に審査落ちとする仕組みです。なぜなら、申込み件数が多いほど全て人の手を介した審査を行うと効率が悪いので、最初から審査基準に明らかに合わない人を足切りすることでコスト削減効果が得られるからです。消費者金融ごとにスコアリング審査の足切りラインが異なるので、審査の柔軟性有無が言われる理由にもなっています。簡易的なスコアリング審査は、大手消費者金融が行っている匿名で表示出来る無料借入診断により擬似的に体験可能です。

本審査では同時に在籍確認審査も行われる

スコアリング審査を通過した人に限り、本審査として個人信用情報機関に登録されている信用情報を照会して申込内容と照らし合わせる作業に入ります。他社借入状況が申告と間違っていないかという点を確認して、借入状況をどこまで本人が把握しているのかしっかりチェックします。また、同時に在籍確認として勤務先へ電話連絡を行い本当に申込者が記入した会社で仕事をしているのか、間接的に確認を行い安定した収入があるかチェックする流れです。個人信用情報に問題が無くても在籍確認が取れなければ、最終的な目視確認の段階で審査落ちとなってしまうので本審査の最後は必ず人の目によるチェックが入ります。手間がかかるために最初にスコアリング審査で足切りを行う必要があります。