消費者金融ではいくら借りられるの?

消費者金融の借入限度額を知りたいなら総量規制を理解しよう

消費者金融を利用する場合、自分は一体いくら借りられるのか気になるのではないでしょうか。消費者金融の借入限度額を知りたいのであれば、まずは総量規制を理解することが大切です。総量規制とは、貸金業者は年収の1/3までしか貸してはいけないという消費者金融を規制する法律です。したがって年収が300万円の人は総量規制によって100万円までしか借りることができません。これはすべての貸金業者の総額という意味なので、複数の消費者金融を利用しても借りられる金額が増えるわけではないので注意しましょう。この総量規制を基準にして消費者金融ごとに審査を行って借入限度額が決定します。ちなみに銀行は総量規制に該当しないので年収の1/3以上の借入をすることができます。

利用限度額の決め方とは?

大手の消費者金融では年収の1/3以上であれば、最大で500万~800万円まで借りることが可能ですが、最初に適用される利用限度額は50万円以内がほとんどです。また収入証明書類を提出しないで借りられる限度額が50万円なので、即日融資を希望する場合は必然的に利用限度額が50万円以下になります。はじめて申し込む場合の利用限度額は50万円以内になるのが一般的ですが、50万円以内のどの金額になるかは審査によって決定されます。審査で確認される点は、年収や雇用形態、勤続年数などの属性や他社への借り入れ状況、各種ローンやクレジットカードの利用履歴である信用情報です。これらの点で評価が高ければ利用限度額が高くなり、逆に評価が低ければ利用限度額も少なくなります。